転職エージェントは第二新卒でも大丈夫なの?

不動産関係への転職には大まかに言って、「技術・施工管理系」への転職と「不動産仲介、売買」への転職、「それ以外の専門技術職」への転職に分かれます。
いわゆるハウスメーカーや大手ゼネコンなどです。
技術系の代表格としては「一級・二級建築士資格」保持者が設計事務所などに勤務する場合でしょう。
業界全体の浮き沈みはあるでしょうが、ある程度以上の実力を有していれば非常に安定した系統だとも言えます。
求人がほぼ常にある一方、果たすべき営業成績が厳しいことも多いので転職を繰り返す例も多いのが特徴です。
「その他専門技術職」としては、不動産鑑定士などの士業が挙げられます。
この場合、独立して事務所を構えるか、法律事務所・不動産鑑定事務所などに勤務することになります。